子供の頃から太ももはガッチリ

投稿者:

私は祖母に足はガッチリしているね、と言われていました。

祖母は太いというよりも、そのくらいのが安心するという意味で言った言葉なのですが、私も年頃になると太ももの太さが気になり始めました。

高校生ではスカートの丈、夏になれば水着を着るなど、足を出すことは多くなります。

見ため的には細めに見える方だと思うのですが、太ももだけは幼い頃から確かにがっちりしていました。筋肉ではなく脂肪なので、細くスラッとした脚に憧れはありました。

そんな私のケアはまず、揉みほぐすことです。冷え性ということもあり、冷えた状態だと尚更血行は悪く、足がだるくなることもあります。

湯船に浸かり、リンパに沿って足裏からふくらはぎ、そして内ももから鼠径部まで親指で刺激しながらリンパを流します。

そして太もものセルライトを分解するように雑巾しぼりの方法で刺激します。お風呂から上がり、寝る前などにベッドで横になり、足を片方上に伸ばし足首をぐるっと回します。

反対周りでも回し、脚全体が伸びるようにストレッチをします。反対側の足も同様に行います。

子供の頃からの体質でもあるので、なかなかすぐには細っそりとした脚にはなりませんが、足のむくみやだるさには効果があります。

アロマ成分のジェルなどを使ってマッサージをすると、アロマ効果で足がスッキリすることもありました。

日々の繰り返しが結果として表れることを信じ、以上が私のケア方法です。